FC2ブログ
プロフィール

トチ

Author:トチ
岡山空港をベースに航空機や
日常の風景を撮影しています

機材
Canon EOS 5D MarkⅣ
Canon EOS 5D MarkⅢ

EF24-105mm F4L IS USM
EF50mmF1.8STM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
EF600mm F4 L IS USM
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD
EXTENDER EF1.4xⅢ
EXTENDER EF2xⅢ

PowerShot G7X

BENRO S8
ARTCISE
GITZO GT1830

2013年
※冬の広島空港写真コンテスト 入賞
※岡山空港開港25周年記念フォトコンテスト 佳作

2016年
※晴れらんまん!”もんげ~岡山フォトコンテスト" 優秀賞
※高松空港祭りフォトコンテスト 優秀賞

2017年 
※キャノンフォトサークル飛行機部フォトコンテスト 佳作
※ヒコーキ写真テクニック 優秀賞
※47都道府県の魅力フォトコンテスト愛媛県 入賞

2018年 
※岡山空港開港30周年記念フォトコンテスト 佳作

2019年
※大空と大地のカーニバルフォトコンテスト 審査委員特別賞
※47都道府県魅力発見フォトコンテスト2019 入賞

2020年
※Canon Photo Circle 「マンスリーフォトコン」 4月号 佳作
※Canon Photo Circle 「マンスリーフォトコン」 5月号 シルバー賞
※Canon Photo Circle 「マンスリーフォトコン」 6月号 シルバー賞

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
カテゴリー
タグ

OKJ ITM ブログ 地域情報 787 関西空港 HIJ 岩国基地 美保基地 写真 KIX 成田空港 チャーター機 mono 備中国分寺 岡南飛行場 小松基地 機材 TAK 高松空港 羽田空港 YGJ 千里川 ボヤキ 5D モヒカン ウィスキーパパ 70-200 鶴丸 ブルーインパルス 笠岡ふれあい空港 フィッシュ・アイ DX フォトコン Fish 107 国分寺 MYJ 瀬戸大橋 Eye AT-X 10-17mm モヒカンジェット NRT APO 120-400mm ラ・ソーラ 伊丹スカイパーク 父母ヶ浜 航空フェア 嵐JET 岡山後楽園 ピース★ジェット 防府北基地 ハイフライ F3.5-4.5 健康 塩祭り 広島空港 風景 カキ HSM DG OS おいしいお店 お勧め本 7D 新幹線 水島 7D  F4.5-5.6 ペット 岡山 但馬 シグナス ウイスキーパパ エクストラ300 但馬空港 流鏑馬  コハクチョウ WP 吉備津彦神社 ブル-インパルス 岡山国楽園 小松基地航空祭 備州岡山城鉄砲隊 備中松山城 鈴鹿 鈴鹿サーキット 撮影機材 FDA Hondajet R2D2 エヴァンゲリオン F2.8L IS II USM EF70-200mm YS-11 フィッシュアイ 映画 雲海 EF70-200F2.8 70-200F2.8 花火 岡山空港 松山空港 A380 JTOF RJOF T4 米子空港 醍醐桜 岡山城 

全記事(数)表示
全タイトルを表示
年別アーカイブ一覧
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最近のトラックバック
ブログ内検索
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
RSSフィード
フリーエリア

相互リンクドクター!アクセスアップ

2014.11.16    カテゴリ:  機材 

   EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM



既にあちこちのサイトで既出ですが、ついにと言いますか、やっとリニューアル
ヒコーキ撮影者にとっては標準レンズ的領域
このところタムロン、シグマの150-600mmにとって代わられそうで満を持して出した様子。

概要は以下の通り

蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズ1枚を含む16群21枚からなる最新の光学設計により、焦点距離100-400mmのズーム全域において、画面周辺部まで高画質を実現。

垂直に近い角度で入射する光に対して大幅な反射防止効果を発揮するキヤノン独自の新開発コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を採用し、フレア・ゴーストを大幅に抑制。

IS(手ブレ補正機構)がシャッター速度換算で従来機種の1.5段分から4段分に大幅に向上。不規則な動きの動体撮影時に最適な「ISモード3」を新たに搭載。

ズーム方式を直進式から回転式へと変更することでホールディングバランスを良好に維持したままの撮影が可能。ズームリングのトルクも好みのレベルに調整が可能。

レンズをカメラに装着したまま取り外せる独立構造の新三脚座を採用。



ほぼ事前情報通りでした。
私が個人的に気になるのは、今回直進ズームから回転式に変わったところ
70-200mmで回転式には慣れているものの胴が伸びます。この時のバランスが如何なるものかと・・・
そして下に向けた時、シグマのように自重でダラーンと間抜けに伸びないのかと。
まあそんなことは些細なことで、「70-200mm」の画質とそん色ない!」ってとこにも期待です。

で、予約したのかと申しますと
7DⅡか100-400mm、本体が先か?レンズが先か?と悩ましいところです。


GANREFやってます

Flyteamに参加しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!

2014.04.27    カテゴリ:  機材 

   悩めるレンズ選び OKJ 4/27

次期レンズ選びに悩まされてるオヤジです。

本日keiさんのご好意で∑50-500mmF4.5-6.3をお借りしてテスト撮影を行いました。
keiさんには小生の70-200mmF2.8+1.4xⅢを使用して頂き、実情を理解してもらうことに。

今回はRAW撮影分を全てノートリ、ノーレタッチJPEG出しにて。
(空の具合、光線の具合も全く同じ条件でないため参考程度に。また構図がひどいのも悪しからず)

まず、昨日同じ場所から撮影分  70-200mm F8 1/800 iso125 200mm
70-200 200


50-500mm F14 1/160 iso160 203mm(keiさんのアドバイスで絞り気味で。SSが遅すぎた)
50-500 203


120-400mm F14 1/400 iso200 400mm
120-400 400


カメラモニターを見比べたところほとんど違いはないようだったが、PCモニターでは、若干純正の方が色乗りがいいようです。
50-500mmと120-400mmでは同じ∑製でもあり、色の出方は似ていますね。


さて、小生が長玉を欲するきっかけになった出来事「オリーブワンデパーチャー」
これまで07上がりの東京便はほぼまっすぐ上昇してたのですが、最近は上昇後、南方にヒネリを入れ方向転換します。
このヒネリを大きくぶち抜きたいのですが、70-200mmでは・・・
3_20140427155821ab0.jpg
お豆さんです。


次に50-500mm 500mmでも距離がありますかね。
4_20140427155823e9b.jpg


ちなみに120-400mmの400mmで
5_20140427155824cbc.jpg

昨日のkintaさんのヒネリ分は純正の100-400mmの400mm
APS-Cの恩恵は大きいようです。
フルサイズでは500mmでも物足りない。じゃあ600〜800mm?
尋常じゃないですね。

∑50-500mm 500mm
6_201404271558281a1.jpg

∑50-500mmF4.5-6.3 標準域から超望遠域までこれ1本でまかなえるお手軽便利レンズです。
小生の120-400mmで懸念されていた、AFの迷いについては今回は皆無。
いきなりテレ端まで持ってこず、手前からAFで追っかければ迷わないそうです。
ただ、テレ端での周辺光量不足は否めないようですがしょうがないですかね。
 

さて、結論の方は、今日一日では出せませんでした。
500mmの世界をこの1本で味わえるのは魅力ですのでしばらくは楽しめるでしょう。
ただ、いずれまた500mmでも物足りなくなるのが予見できそうでして・・・
これこそ正にレンズ沼にはまってもがいてる状態ですね。
もう少しウジウジ悩んどきます。


GANREFやってます

Flyteamに参加しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中! 

2014.01.03    カテゴリ:  機材 

   初詣で宮島 単焦点レンズ1本勝負 1/3

新年の挨拶が遅くなりました。
明けましておめでとうございます。
本年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

さて、元旦と二日は実家でのんびり飲むか食べるか。
そして、本日は例年通り宮島へお参りです。

毎年、カメラを持参してはいるのですが、同じとこを同じように撮ってはつまらないので、
おととしはフィッシュアイレンズ1本のみ、今年は単焦点レンズ(50mmF1.8Ⅱ)のみ持参して
その特性を引き出してみた。



最初は証拠写真としてお馴染みの鳥居をF16で
他はF1.8かF2固定で・・・

1_20140103225331ac0.jpg

フェリー乗り場にて
ノーファインダーで適当に撮ってみた。
ピントは約2m先に来て、被写界深度がよくわかる。

2_20140103225334922.jpg

鹿さんにピントを
良くボケます。

4_201401032253404a2.jpg

こちらは奥から二人目にピントを

5_20140103225343854.jpg

これ失敗作
娘の顔にピントを持ってきてたが、寸前で動かれワンコにピントが残る。
シビアですわ。

6_201401032254119d9.jpg

ホント良くボケます。
しょうもない漫才師に持たせたい(笑)

7_20140103225418d28.jpg

8_2014010322542453d.jpg

あっ、これはF11

9_20140103225429a10.jpg

遠影をF1.8で
やはり周辺光量落ちが目立ちます。
しかし、これ本当に1万円を切るレンズです。
20マン以上のLレンズといい勝負では?


それから最近ズームレンズ多用の為、画角の感覚が麻痺してましたんで
年初に麻痺した感覚を呼び戻す訓練もこなせました。
ヒコーキ写真には厳しいですが、スナップにはこの1本で充分ですね。
使用頻度の少ないかわいそうなレンズでしたので、今年は日の目に当ててやりたいと思います。

GANREFやってます

Flyteamに参加しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中! 


2012.07.27    カテゴリ:  機材 

   New weapon EOS 5D Mark III+ EF24-105L IS U



本日、身に覚えのないブツが届いてた。
どうも酔った勢いで夜中にポチったらしい。
って確信犯だが・・・

待望のフルサイズ機、ヒコーキ撮影には望遠系に不利なフルサイズ機ではあるが、
望遠系は7D、広角系に5Dと使い分けに2台体制を目論み、また高感度となり夜影の強化の意味もあり導入。

markⅡはミラーショックとパシャンというシャッター音が気に入らなかったので
事前にショップで試写、今度はショックも少ないし、シャッター音もバシャっと小気味よい。
何より61点AFセンサーの食い付の良さに惚れた。
最後まで1DXと悩んだが、価格差約30万円にその価値を見いだせなかった。
勿論、フラッグシップ機にしてプロ仕様、過酷な使用にも耐えうる頑強なボディ
12コマ/秒の連写性能など優位性はあるが、スポーツ撮影をしないので連写より
1コマ撮影に重きを置きたい。(以前7Dの連写性を愚痴ってたが)

画像は後日



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックして頂けると励みになります。
ついでに拍手も頂けると尚更励みになります。

2012.03.12    カテゴリ:  機材 

   手持ち撮影の限界に挑戦

以前からネタにしてますEF70-200F2.8の歩止まりの良さですが、
腕を上げたのでしょうとのお褒めの言葉を数々頂き、木に登ったサルの状況です。

多少流し撮りに慣れてきたのでしょうが、明らかに旧常用のシグマ120-400より
ISの効き具合が強力です。
シグマではss1/30が限界で、モニターではガッツポーズもPCに落とすとアリャリャの連続でしたので

ほんじゃあどこまでssを落とせるものかとチャレンジ

まずはss1/40

余裕でんがな

ss1/30

まあまあ

ss1/25
6-30-25ss.jpg
なんとか

ss1/20
7-20.jpg
そこそこ

ss1/15
7-20-15ss.jpg
厳しい

調子に乗ってss1/10
8-10.jpg
あま~い

今回、連射は使用せず、ワンカットショットが良かったのか?

確実に流すには三脚使用かと三脚を新調したのですが、手持ちでもそこそこ行けそうです。
目標は伊丹で光の背景をびよ~んとおもいっきし伸ばす画をゲットすること。
伊丹に行きたい病発症です。


Flyteamに参加しています。こちらもどうぞ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックして頂けると励みになります。
ついでに拍手も頂けると尚更励みになります。


Copyright © トチの記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog