プロフィール

トチ

Author:トチ
岡山空港をベースに航空機や
日常の風景を撮影しています

機材
Canon EOS 5D MarkⅢ
Canon EOS 7D
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
EF24-105mm F4L IS USM
EF50mmF1.8STM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
EF600mm F4 L IS USM
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD
EXTENDER EF1.4xⅢ
EXTENDER EF2xⅢ
PowerShot G7X
IXY DIGITAL80
BENRO S8
HUSKY 3D
GITZO GT1830

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
カテゴリー
タグ

OKJ ブログ ITM 地域情報 787 関西空港 HIJ 岩国基地 写真 美保基地 チャーター機 mono KIX 小松基地 機材 岡南飛行場 YGJ 備中国分寺 モヒカン 5D 千里川 ボヤキ 成田空港 高松空港 羽田空港 TAK フィッシュ・アイ 70-200 鶴丸 伊丹スカイパーク ブルーインパルス ラ・ソーラ Eye 107 DX Fish 国分寺 10-17mm モヒカンジェット APO AT-X MYJ 笠岡ふれあい空港 120-400mm F4.5-5.6 航空フェア F3.5-4.5  HSM ペット お勧め本 新幹線 7D 健康 おいしいお店 風景 ピース★ジェット ハイフライ OS 7D 嵐JET DG USM 鈴鹿 岡山国楽園 小松基地航空祭 備中松山城 鈴鹿サーキット Hondajet エクストラ300 ブル-インパルス 撮影機材 FDA 雲海 備州岡山城鉄砲隊 花火 T4 YS-11 岡山城 松山空港 エヴァンゲリオン 吉備津彦神社 流鏑馬 R2D2 ウイスキーパパ シグナス II 岡山後楽園 EF70-200F2.8 70-200F2.8 IS F2.8L 映画 岡山 EF70-200mm 米子空港 RJOF フォトコン WP 但馬空港 但馬 コハクチョウ  JTOF 岡山空港 A380 フィッシュアイ 

全記事(数)表示
全タイトルを表示
年別アーカイブ一覧
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最近のトラックバック
ブログ内検索
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
RSSフィード
フリーエリア

相互リンクドクター!アクセスアップ

2011.12.30    カテゴリ:  映画 

   ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルを見たよ



公式HP

昨日から年末休暇、家の大掃除をササッと済ませ、午後から倅と久しぶりの映画

シリーズ4作目のミッションインポッシブル
トムおじさん、相変わらず元気です。
それに若い、49歳には思えぬ軽い身のこなし
スタントマン無しで自らのスタントは驚き

世界の布袋寅泰がテーマ曲を担当なのも驚き

飛び物好きな小生にとっては空撮も含めカメラワークが良かったですね。
BMまで飛んでます(爆)

突っ込みどころ満載ですが、な~んにも考えず単純に楽しめるとこがいいですね。
年末年始の行事を終えて、何をしようか迷った折にはこちらの鑑賞を是非にとお勧めします。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックして頂けると励みになります。
ついでに拍手も頂けると尚更励みになります。

2010.06.06    カテゴリ:  映画 

   沈まぬ太陽 ならぬ沈んじまったJAL



数年前に全五巻読み、映画化はないと思ってたら映画化されDVDにも

本日DVDをやっと観た。何せ3時間チョイの長編なんで腰を落ち着かせねば一気には観えない。

国民航空=日本航空は明白で、なぜ破たんしたのか?

長年の企業体質の歪を見たような・・・

あくまでも小説の世界なんで多少の着色はあるだろうが、

内部事情を暴露した本を読めば

なるほど堕ちるべくして堕ちた事情がよくわかる。


51yZWcFbG7L.jpg

2010.04.12    カテゴリ:  映画 

   さまよう刃



原作を読み、ぜひ映画も見ようと思ってたが見ず仕舞でDVDが出た。


最愛の娘を少年三人組に拉致、強姦の上殺害された父親の復讐劇


正義とは?法とは?  死刑論、少年法の改正を問うことは予想出来てたが・・・


江戸時代敵討ちは認められていた。尤も子が親の為に、部下が上司の為に認められ、

その逆は認められていない。

近代法では当然認めらないが、特に少年法では未だ加害者保護の色合いが強い。

つまりどんなに残忍な犯罪を犯しても、前途ある少年が更生し、社会復帰を目指すべきとの

趣旨でいずれ社会に戻れる。

極形が望めないと悟った父親は一人を殺害し、残りの少年を追う。

死には死をもって償って貰うと考えなのだが、死に値するだけの恐怖を味あわせようと考えが変わる。

結果として犯人を追い詰めるが父親は射殺される。

ただ父親の持つ銃には弾は込められていなかった。
(この箇所は原作と相違)


確かに仮に死刑判決が出、死に至らしめても犯人に反省も後悔もないのなら被害者は浮かばれない。

被害者が受けた同じ恐怖を味あわせるべき、死刑反対にも一理あるが・・・


重すぎるテーマだ



2007.08.25    カテゴリ:  映画 

   釣りバカ日誌18

地元岡山でロケを行った釣りバカ日誌18が地元にて先行公開された。
笠岡、児島、玉島等ローカルニュースで流してた通り岡山の各地がふんだんに出て来、「ここ知っとるわ」って言えるとこばかりで非常に身近に感じられた。

また、地元のエキストラもかなり参加したそうで、あの石井県知事も釣り人で出演してるらしいのだか、今回は確認できなかった。

ストーリーはあえて記さないが、最初から最後までなーんにも考えなくともお笑い一杯で、浜ちゃん、スーさんコンビは不滅だった。
http://www.tsuribaka-movie.jp/

2007.05.17    カテゴリ:  映画 

   ロケ地めぐりその2



仕事さぼって連チャンでロケ地めぐりしてる訳じゃありません。
仕事で行った高梁で、愛妻(愚妻?)弁当を食する為、天満屋に寄ったところ、ドでかい看板発見。「県庁の星ロケ地」だって。
そうここは天満屋でなく、満天堂であった。
店内では閉店後深夜に撮影したとか・・・
織田裕二と柴咲コウの掛け合いも駐車場でありましたねぇ。

しかし、なぜこんなド田舎(失礼!)での撮影になったんでしょうねぇ。強引な誘致運動でもあったんでしょうか。

まあ、ここのところわが郷土岡山で立て続けにロケが行われることは喜ばしいいことですが・・・


Copyright © トチの記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog